小川鞄修理工房ブログ

作業ブログ
<< リ〜チ! | main | 添付書類の内容に不備がございました >>
「テラスハウス」はみたことがない。

「あいのり」ってやつはときどき観てたよ。当時はテレビがあり、一緒に住んでいた人が好きな番組だったのでね。なんか女性向けっぽい印象があったな。偏見かもしれないが。

 

まあ「テラスハウス」と「あいのり」はちがうんだろうけど、リアリティーショー系の番組で仕込みがあるのかないのか、色々な事件があって恋愛関係になったり人間関係が拗れたり、それをみてあーだこーだと語りあって楽しむ、という番組なのだろうと認識している。

 

「あいのり」の頃はSNSもなかったんで、様々な出演者に対するバッシングがどうだったのか俺には知る由もないが、「テラスハウス」の登場人物にはダイレクトに悪口が届くのは容易に推測できる。「テラスハウス」の出演者が亡くなった原因がソレだったという裏付けは確定されていないが、皆さんそう思っているようだ。

 

それに伴い、人が亡くなった以上SNSでの誹謗中傷は規制すべきとの意見が出回り、実際政治家が動き始めているが、その動きに対しては誹謗中傷の規制を利用して政権批判を封じるつもりではないか?という批判と警戒の声が上がっている。と、ここまでが事実関係で概ね合っていると思う。

 

人が亡くなると色々な意見が巻き起こり、対策をすべきだという声があがるのは自然だと思う。しかしながら、俺は賛同しない。新たな規制などはしないで良いと思っている。誹謗中傷は今でも面倒ではあるが法的な対応ができるし、仮に誹謗中傷と批判の線引きがうまくできたとしても、まっとうな批判でも人は死ぬ。そのとき、「まっとうな批判で死んだなら仕方がないが、誹謗中傷で死ぬのは可哀想だ」と思う人もいるだろうが、俺は線引きできない。どちらも気の毒だ。では誹謗中傷も批判も規制する?否。

 

そんな漂白されたSNSにしてはいけない。街に出ればイヤな思いをすることもあるし、ときには傷つく。SNSだって同じだ。SNSを漂白しても、別のところで誹謗中傷はなされるし、人が死ぬこともある。今回は有名な人が亡くなったから大きな衝撃となっているが、知らない人から罵詈雑言を浴びせられることはないにしても、本質的にはリアルの世界で起きている悲劇となんら変わらないと思うのだ。

 

ではこういう番組をなくすのがいいか?これも同じで、リアリティショー番組の被害者はいなくなるかもしれないが、例えば不倫騒動のとき、ベッキーに誹謗中傷が殺到しただろうなと推測するのは容易いし、それを苦にして悲劇がおきないとも限らなかったはずだ。「それは自業自得では?」と思う方もいるだろうが、俺は不倫を悪事とは考えていないので、そこは話し合う余地がない。自業自得なんて、他人がいうことでもないしね。

 

要するに、表面的な対策なんてすぐに効果がありそうに思えるが、本質的な解決にはなりはしないと思うのだ。こういうとき、俺らにできることはあんまりなくて、クソみたいな書き込みを投げてるヤツは徹底して軽蔑すること、そんなヤツの意見に耳を貸さないこと、もっとも大事なことは自分がそんなヤツにならないこと、そのくらいだと思うんだな。

 

番組の制作側や山里とかを責める段階にはいってるようだけど、そんなところに悪の大ボスがいて、そいつをやっつければこのような悲劇が二度と起きないというような問題ではないからな。街に出れば傷つくし、生きてれば傷つく。タイミングが悪ければそれで悲劇的なことが誰にでも起き得る。制度や規制では防げない悲劇もある、っていうことだと思う。

 

誰々の死をムダにしない、なんて言い草も俺は嫌いだ。今週は以上。

 

 

| repair-ogawa | - | 01:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:00 | - | - | pookmark |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
  • 震災以降独身女性の結婚願望がアップ!・・・ですって。
    教えたい (04/30)
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE