小川鞄修理工房ブログ

作業ブログ
<< 丸山穂高 | main | 川崎の事件のあとは元事務次官が息子を刺殺した事件か・・・ >>
川崎の事件、まあいつものように

野次馬だか報道だかわからないことになっている。

 

犯人の生い立ちとかは色々と参考にした方がいいのだろうけど・・・例えば今日。家宅捜査でパリ人肉事件の本があった、というような報道がなされており、「やはり異常なヤツが」という方向になってしまっている。

 

まあ確かに異常だとは思う。だがしかし、その「異常」ってのは正常と地続きのものなんじゃないのか、っていう視点はないのかい?

 

予め殺人しそうな素質があるヤツが殺人者になるのだろうか?俺はそうは思わないんだな。犯人の中学生の頃の写真(卒業写真だろうか)が公開されているのは、最近の写真がないからかもしれないが、それはともかく、あの中学生の時の彼の写真をみてどう感じるだろうか。

 

Yahoo!のニュースコメントなどを少し読んでみると、「悪いけど友達になりたくない顔だ」みたいな書き込みもあったりする。どうなんだろう?家庭で色々あったようだし、底抜けに明るいタイプではなかったにしても、そんなに不吉な写真だろうか。おれには普通のしょぼくれた(俺がそうだったように)中学生の写真にみえるが・・・。

 

あのころから約束された事件ではなかったはずだし、彼と俺で何が違うのか・・・俺だってなにかの拍子に仕事を失ったり、他に悪いことが重なったりしたら、自分の心の暴走を自分でとめることができるかどうか・・・。

 

もちろん犯人を擁護しようとは全く思わないが、今回は罰しようにも犯人は自害してしまったので、いくら彼を悪くいったところで虚しいだけだ。できることといえば、こういう事件を起こす心のありようを知ろうとすることぐらいなんじゃなかろうか。

 

今日は遅くなったため画像をアップする気力がない・・・。俺にだって狂おしい夜はある。しかし、あんな風にはならないよなあ。それが差なのか異なのか・・・差のような気がしてしょうがないよ。うちには人肉事件の本はないけど、愛犬家殺人事件の本はある。俺がなにか事件を起こしたらやはりそこに注目されるのだろうか。サイゼリヤの間違い探しの本もあるんだけどな。

| repair-ogawa | - | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:56 | - | - | pookmark |









http://repair-ogawa.jugem.jp/trackback/1074
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
  • 震災以降独身女性の結婚願望がアップ!・・・ですって。
    教えたい (04/30)
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE